本当に払うべきものか冷静に見極める

今の時代はインターネットが普及して多くの人がインターネットを利用している時代です。

しかし、仕事柄パソコンを持っていても使わないと言う人もまだまだ多いですし、特にご年配の方はパソコンがない家庭も多いです。

さらに言えば携帯なども普段はアプリゲームやラインぐらいしか使っていないと言う人もたくさんいます。そんな中で出会い系サイトを利用しようと言う人は本当に英断だと思います。

ですが、あまりインターネットに詳しくない人が騙されてしまいがちなのが架空請求メールです。

いきなり難しくて長い文章で最後通告!とか強制徴収!みたいな一瞬ドキッとするような単語などが書かれていて不安を煽るような文章で料金を請求してくるサクラメールがあります。

インターネットに詳しくて普段から仕事で使っていると言う人でも不安を覚えるような文章に騙されてしまう人がいますので気をつけるようにしましょう。

特にご年配の方は料金の請求が来たら何も考えずに払ってしまう人も多いです。

一度でも払ってしまったらそれから定期的に支払い請求が来るようになってしまいます。

本当に払わなくてはいけないものなのかどうか、身に覚えがないのであれば払ってはいけません。また本当に最後通告などの料金を請求してくるときは書面で届きます。

基本はメールで料金の支払い請求などはしないものです。

どうしても不安だし判断がつかないと思ったら生活消費者センターに相談の電話を入れてみましょう。

Copyright(c) 2013 出会い系サイトの見極め方. All Rights Reserved.